(番外編)R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション

「番外編 R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション(その4)」

投稿日:

「番外編 R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション(その4)」

この記事で紹介するドール
≪060 R. ジョン・ライト/クリストファー・ロビン≫
≪061 R. ジョン・ライト/ブルーバルーン・プー≫

アメリカ・ニューヨークの著名なテディベア・ドール作家 R. ジョン・ライト氏は、プーさんやミッキーマウスなどのディズニーキャラクターの作品も手掛けています。
東京ディズニーリゾートと直接関係は無くなりますが、縁があって我が家にやってきた、R. ジョン・ライト氏の作品を紹介して参ります。
上質なウールフェルトとモヘアにこだわり、正確なディテールと丁寧な縫製、色彩豊かで、心地良い触り心地と、重さを感じる、高級感ある逸品ばかりで、コレクターが必ず行き着く伝説の作家だと思います。

≪060 R. ジョン・ライト/クリストファー・ロビン≫

英語名:Christopher Robin ~POCKET SERIES~
発売年 1997~1999年
限 定 限定 3500体
価 格 不明
サイズ 30.5cm

R.ジョン・ライト氏のクリストファー・ロビンには色々な種類がありますが、このロビンは “ポケット・シリーズ” の中の一つとして企画されたもので、1997~1999年にかけて3500体の限定で製作されています。我が家にやってきたのは2008年で、ヤフーオークションで購入しました。

このドールは、A.A.ミルンの原作本にある、E.H.シェパードの挿絵をモデルとして制作された、クリストファー・ロビンで、ディズニーアニメーションの短髪のロビンと違い、長髪でリアルな顔立ちとなっております。
素材は、全身ウールフェルト、髪の毛はブロンドの人毛、耳、目、鼻、口は繊細な型押しとペイント、ブルーのコットンの上着、茶色のコットンの短パン、白いコットンのシャツ、白地にネイビーの縞模様のタイツ、白いコットンの帽子をかぶり、茶色のレザーのサンダルを履いています。
手は、指が5本ちゃんと分離しており、型押しで爪まで表現されています。
首はジョイントで接合、可動しますが、手と足は残念ながら動かせません。
触り心地は、フェルトのサラサラ感がありますが、中味がぎっしりと詰まった「ハードタイプ」で自立します。

くまのプーさんの物語は、クリストファー・ロビンと彼が所有する動くぬいぐるみ達との交流の物語ですが、ロビンが成長し、勉強をしなければならなくなった時、ロビンはプーに、自分はもう「なにもしない」をすることができなくなってしまったと告げ、二人は再会することを誓いあって終わります。
このドールは、学園の園服を着ているように思え、顔つきも大人びているように思えることから、クリストファー・ロビンとプーとの別れのシーンを想定して制作されたのではないかと考えています。作品の由来をあれこれ考えてコレクションを眺めることは、コレクターにとって大きな楽しみです。

≪061 R. ジョン・ライト/ブルーバルーン・プー≫

英語名:Pooh’s Blue Balloon ~WINNIE THE POOH COLLECTION~
発売年 2003年
限 定 日本限定 500体
価 格 71,400円
サイズ 19cm(座った状態)

このプーさんは、2003年12月に500体だけ日本限定として作られ販売されたものです。
ブルーの風船を持って、ハチミツを取りに飛び立つプーさんを表現しています。
我が家には2003年のクリスマスにやってきました。雑誌「ディズニーファン」に掲載されているのを見つけ、発売元に電話で注文して手に入れました。

E.H.シェパード氏の原画のクラシック・タイプのプーさんをベースにしつつ、ディズニーアニメーションも意識して額を平らにするなど、日本人になじみやすい、可愛らしい仕上がりとなっております。
素材は、全身薄茶色のアンゴラヤギの長毛モヘアで、目はグラスアイ、鼻と口は刺繍、赤いベストと青い風船はウールフェルトです。
首、両手(肩)、両足(両股)はジョイントで接合(フルジョイント)、可動し簡単なポーズを取ることが出来ます。
触り心地は、モヘアのサラサラ感がありますが、中味がぎっしりと詰まった「ハードタイプ」で、しっかりとお座りが出来ます。

2001年の東京ディズニーランドにおける「プーさんのハニーハント」の開始、さらに同年オープンした東京ディズニーシーでは、ケープコッドにプーさんの専門店がオープンするなど、この作品が発表された2003年当時は、「プーさん」がブームでした。
ブルーバルーンを持ったプーさんが、日本限定で販売された背景には、「プーさんのハニーハント」の影響が大きいと考えます。

-(番外編)R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「番外編 R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション(その2)」

「番外編 R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション(その2)」 この記事で紹介するドール ≪057 R. ジョン・ライト ミニーマウス ディズニーコンベンション≫ アメリカ・ニュ …

「番外編 R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション(その3)」

「番外編 R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション(その3)」 この記事で紹介するドール ≪058 R. ジョン・ライト/不思議の国のアリス/アリス≫ ≪059 ヤング・エポック …

「番外編 R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション(その1)」

「番外編 R. ジョン・ライト ディズニーキャラクタードールコレクション(その1)」 この記事で紹介するドール ≪056 R. ジョン・ライト サーカス・ミッキー ディズニーコンベンション≫ アメリカ …

東京ディズニーリゾートフィギュアコレクション&ART

東京ディズニーリゾートフィギュアコレクション&ART

1 東京ディズニーリゾートの楽しみ方として、キャラクターグッズの購入があります。パークの興奮を、家に持ち帰りたい!無数にあるキャラクターグッズの中から、東京ディズニーリゾートファンとしてこれだけは押さえておきたい、至高の逸品を紹介してまいります。
2 画家を目指して、修行中の「シホ」の作品を紹介してまいりす。

このサイトについて

このサイトについて

管理者が自由に気ままに投稿します。
東京ディズニーリゾートで入手した、ドール・ぬいぐるみを中心に紹介しますが、リゾート以外のものもあります。キャラクターのエピソードや出演などの情報も紹介します。
リゾートの思い出も語ります。
画家の卵「シホ」の作品集を紹介します。
〇その他、生活お役立ち情報も紹介しています。

主体者の詳細はこちら
〇主体者の明示

主体者 河野 志乃
絵   河野 志保
作文  河野 哲也

わんことディズニーとアニメを愛する家族の出来事をお話します。テーマにとらわれず、自由に投稿します。誹謗や悪口は言いません。気楽にお付き合いください。

検索